花粉症に対する効果が見込める乳酸菌とそのメカニズム

花粉症に対する効果が見込める乳酸菌とそのメカニズム

アレルギーを持っている方々にとっては、間もなく大変な時期がやってきます。花粉症ですね。
その症状は、まず鼻づまりが大変だと思います。あまりにも鼻が詰まってしまうので、夜に眠れないという声も多く聞きます。また目の痒みなどもかなり深刻で、その時期には目が真っ赤になってしまう方もいらっしゃいます。
ところがその症状に対しては、乳酸菌は効果が見込めるという意見があります。それはどのようなメカニズムになっているかと言うと、暴走を防止してくれるからです。

 

花粉症のメカニズムと抗体

 

そもそも花粉症は何が原因かと言うと、人間の体内にある抗体だと言われています。それは人間の体を守るために働いてくれていますので、とても大事なものではあるのです。
しかし花粉が多く飛散すると話は別で、抗体が過剰反応を示してしまう事があるのです。過剰反応によって色々な神経が刺激されてしまい、くしゃみなども発生してしまいます。また抗体が様々な物質を作り出してしまいますので、それで花粉症の辛い症状が発生してしまう訳ですね。乳酸菌は、それに対してポジティブな効果が見込めると言われています

 

過剰反応を防いでくれる乳酸菌

 

乳酸菌は、上記の抗体の暴走を防止してくれると言われています。つまり過剰に反応しないように、ある程度動きをセーブしてくれる訳ですね。
それと暴走は発生するのは、体内で作られるある物質が原因と言われています。しかし乳酸菌はその物質が体内で作られるのを、ある程度押さえてくれる働きがあるのですね。
このように乳酸菌は花粉症の改善の為には、とてもポジティブな効果があると言われています。ですので辛い時期が到来する少し前に、乳酸菌を積極的に摂取しておくのは効果が見込めるかと察します。