乳酸菌と共に摂取する方が良い主な食品

乳酸菌と共に摂取する方が良い主な食品

乳酸菌は腸内の環境を改善するためには、とてもポジティブな効果が見込める菌です。このためその菌を効率良く摂取するために、サプリメントやヨーグルトなどを検討している方々も非常に多いですね。もしくはすでにそれらを摂取している方々も、非常に多いかと思います。
しかし実は、その乳酸菌は別のものと一緒に摂取すると、より効果が高まると言われています。どのような物ならば効果的かと言うと、豆に関する食品や玉ねぎなどですね。

 

豆製品に含まれるオリゴ糖は乳酸菌をパワーアップ

 

例えば、大豆を含む製品です。納豆や豆腐や豆乳などスーパーなどは大豆を含む製品が多く販売されていますが、あれは乳酸菌にはポジティブな効果が見込めると言われています。
その理由ですが、豆にはオリゴ糖が多く含まれています。オリゴ糖の効能ですが、乳酸菌のエネルギー元になるのだそうです。
乳酸菌を単独で摂取するだけでも、十分に効果は見込めるものではあります。しかし大豆などを摂取しますと、それで乳酸菌が更に力を発揮してくれる訳ですね。

 

食物繊維も乳酸菌には良い

 

それと食物繊維などもその菌類に対するポジティブな効果が見込めます。ただし全ての食物繊維ではなく、水溶性植物繊維は乳酸菌のエネルギー元になると言われているのです。
どのような食品にそれが含まれているかと言うと、例えば野菜類ですね。果物などにも非常に多く含まれています。
考えてみればヨーグルトなどは、果物や野菜類と一緒に使われている事も多いですね。果物入りのヨーグルトなどは、よく食品コーナーに陳列されているでしょう。やはり果物は乳酸菌と相性が良いからだと思います。
ですので腸内の環境があまり良くないと考えているならば、乳酸菌と上記のような食品を摂取してみると良いでしょう。